【音楽】「僕たちの失敗」の森田童子の父親は、なんとあの人だった [湛然★]

1 :湛然 ★:2022/01/02(日) 05:41:04.38 ID:CAP_USER9.net
「僕たちの失敗」の森田童子の父親は、なんとあの人だった
1/1(土) 6:02 現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8dba05c3a97069f421916149e82c31ddb369695?page=1
写真:現代ビジネス

———-
作詩家であり、作家のなかにし礼が亡くなって1年が経つ。それにあわせ、死後に自宅から発見された未発表作品『血の歌』(毎日新聞出版)が刊行された。そこに書かれていた主題が、一部で波紋を呼んでいる。なかにしの代表作『兄弟』で描かれたあの破滅的な兄。その娘こそ、一世を風靡した森田童子であったのだ。つまり、森田は、なかにしの姪にあたる。なぜ、なかにしは森田との関係をここで明かすことになったのか。森田と交流もあった元『ガロ』編集長の高野慎三が記す。
———-

◆テレビドラマ『高校教師』のあの歌声

(※中略)

◆突然の電話

(※中略)

 そんなある日、森田童子の関係者から突然の電話がある。用件は、「つげ義春さんの作品を使用したいのですが」との問い合わせだ。

 わたしは1967年から71年までマンガ雑誌『ガロ』の編集長を務め、つげ義春さんを担当した。その縁で、辞めてからもつげさんの取次役のようなことをやっていた。つげさんに連絡を取ると即時に承諾。「使用料は考えないで」との言葉も伝えた。また別の日に「作品のタイトルをコンサート名にしてもいいですか?」と問われ、これもつげさんから了解を得た。

 森田童子がつげ義春の愛読者であることを知って、わたしは新たに格別の興味を抱いた。それでも、もっと歌を聞いてみたいとまではならなかった。

◆森田はなぜつげ義春に執着したか

 ところがである。「これから森田とお邪魔します」と、また電話があった。1時間ほどして、杉板づくりの大きなリンゴ箱を肩に担いだ男性が、わたしが営む小さな文具店のガラス戸を開けた。「森田がいろいろお世話になりました」と言うと、表通りの歩道をふり返った。帽子を深くかぶったサングラス姿の彼女が深々とお辞儀をした。あわててわたしも返した。パートナーと思われる男性は「これからつげさんにもお届けします」と急いで車に戻った。森田童子と接したのはこのときが最初であり、最後だ。

 挨拶の言葉ひとつ交わすこともなかったが、感じのいい出会いだった。

 同じころ、住まいに近い渋谷道玄坂裏の円山町のラブホテル街の電柱に「森田童子コンサート・夜行1」とか「大場電気鍍金工業所コンサート」とかのステッカーを見かけた。『夜行』は、つげ義春の新作を掲載した本だ。どれほど彼女がつげ義春に執着しているかを想った。いや、つげ義春だけではない。下町葛飾の労働者たちの60年安保闘争を描いた実弟のつげ忠男のマンガ集『懐かしのメロディ』に寄せて、彼女は「絶望と孤独の風景」と綴り、つげ忠男への限りない愛惜を表明した。

(※中略)

◆なかにし礼の『血の歌』が明かす森田童子の過去

(※中略)

 そして、いまになって、なかにし礼の未発表小説『血の歌』(毎日新聞出版)によって、森田童子の過去が明らかにされた(作品のなかでは「美納子」「森谷王子」となっている)。森田童子は、なかにし礼の姪だったのだ。なかにし礼の代表作である『兄弟』のモデルだった、「特攻帰り」で、戦後、放埒に生きたという実兄の娘だったのである。そのあまりに衝撃的な人間関係に驚きを禁じ得ないが、しかし、それらはある意味、充分に納得のいく事柄であった。

◆荒廃した父親を通して「戦後」を感知し続けた

 《堕ちていくばかりの父親と、それに振り回される家族がいた。墜落を恐れながら、みずからさらなる墜落を求める父。あるいは美納子は中西よりも、いや中西の背中越しに、戦争の興奮を見てしまったのかもしれない。そして、興奮から遅れてやってくる、傷と孤独。それは美納子にとって、時代の儚さであり、自分の命の悲哀であったのではないか》(『血の歌』より)

 森田童子の歌から感受される途方もない「暗さ」は、たんに父親という存在の個性に求められるべきではないだろう。青春期に戦争を体験した、いわれるところの純粋戦中派にとって、敗戦後をどのように過ごしたかは、ひとりの個人の問題に還元されるべきことがらではない。つげ忠男がいくつものマンガで描き続けた「特攻帰りのサブ」の生き死には、B29撃墜の戦闘機パイロットであった父親像とみごとにオーバーラップする。いわば、敗戦後における父親の自堕落な姿は、下町で虚勢を張る与太者の「サブ」と寸分の違いもない。

91 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:05:01.84 ID:7omGIv9I0.net

なすなかにし、か

92 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:05:11.09 ID:pOs3C5DM0.net

タモリだと思ったらタモリではなく内容もグダグダで意味不明

結論をタイトルに書け
釣りタイトルは2度とクリックしない

89 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:03:27.79 ID:d3b65NT00.net

なるほどね

420 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:29:56.82 ID:sGVtyvhd0.net

平易な文章で読みやすかったんだが。
このスレのじゅうにんの

90 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:04:21.10 ID:daW7vVGC0.net

クソライターのうんこ記事

776 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 13:10:23.28 ID:Wg2t0pam0.net

森田童子がラジオに出てるの聴いたことあるけど、やっぱり内向的な感じだったわ。
「僕たちの失敗」が売れたときは、なんで今更とおもって不思議だった。
えらい美人だったっていう噂あるね。

735 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 12:18:56.12 ID:aT63ruxq0.net

まず兄がどんな人間か一般人知らねーから
分かってる程で話されても伝わらない件

203 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:02:00.73 ID:YzG9hKpX0.net

>>190
分からなくはないけどとっちらかりすぎてるし記者のオナニー文章って感じ
父親が分かったって記事なんだからそっちの説明詳しくしろよ思う
作品で有名って言っても知らんし

877 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 15:27:17.13 ID:BnsUnp+50.net

>>137
>森田童子って20代で亡くなったって思ってたけど66歳まで生きてたんだな
>だれかと勘違いしてた

あれっ。俺も。
感電死したと思ってた。

914 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 16:28:56.98 ID:VuYn+R8T0.net

>>131
なかにし礼がこの後も活躍していたことを思うと、芸能界、テレビ局界隈の闇を感じざるを得ない

849 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 14:55:40.21 ID:y2RByEdG0.net

最近って大威張りで「分からない」って言ってるとなんとなく勝った感じになるんだよな

892 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 15:46:16.01 ID:OvCWYLwH0.net

あの激戦から生きて帰ってきただけで儲けもの
並の精神力だったら心ぶっ壊れて当然よ
糞兄毒親で周りは苦労したろうが
平時の今と違ってWW2経験者はあんまり叩けないわ

490 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:54:24.35 ID:zOj7ZZOW0.net

>>487
自己レス
森田童子の父でなかにし礼の兄

730 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 12:15:52.03 ID:4PBymPuY0.net

>>719
ハコは事務所が弱すぎたし
森田童子はモチベーションが特殊過ぎて長続きするタイプじゃない

128 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:25:49.93 ID:V3GCzJvJ0.net

>>104
馬鹿は理解しようとしないし
アニキというキャラクターのリテラシーも無い
もちろんつげもガロも知ったことではない
宇宙語で書かれているものを読みづらい言っているだけ

803 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 13:47:37.69 ID:KUA8l1n70.net

>>104
自分の文章として完成している。「私」ではなくて「わたし」なのも、筆者のこだわりだ。一読して、これは書き慣れた書き手によるものだとわかる。
「わたしはつれ合いの遺影のある小さな部屋で」のくだりも上手い。構成を考えて書かれている。

885 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 15:40:27.35 ID:GeYCME4V0.net

>>884
童貞なのか?
自信がないならソープ行け

247 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:27:02.42 ID:/iP5bWWS0.net

なかにし礼と森田童子は面識あったのかが気になるんだけど

318 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:55:39.07 ID:D/U/sS/t0.net

ドラマでビートたけしが演じてた奴か
なかにし礼が兄役にたけしを熱望したんだよな。兄貴はたけしみたいな感じだったんだと

545 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 10:15:33.64 ID:RHzgIugx0.net

旦那で元芸能事務所の社長、前田亜土
ガロ好きなイラスト描いてるね
森田童子は旦那の描いたフィクションなのかもね

この辺りがつげ、ガロに繋がってるんだろ

607 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 10:46:46.54 ID:WlUXr3Ho0.net

風吹ジュンの事件は知ってたけど、なかにし礼も関係者だったのは
全く知らなかった
自分が完全な被害者みたいに書いてた小説は読んだけど、
ここに貼ってある関連記事読むとなかにし礼もかなりの悪人
兄がやったとされていることも共犯だったんじゃないのかな

967 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 18:04:15.74 ID:P3mCSVU10.net

伸びるねぇw みんな森田童子好きなんだ 自分も大好きだけど

136 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:28:04.90 ID:DEfpbpRI0.net

>>133
それ太田裕美じゃないの?

779 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 13:14:27.56 ID:hnCBFseX0.net

>>300
ソース読まないのかよ…

347 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:02:52.76 ID:DFkM6vpU0.net

23年前
なかにし礼がトヨエツで兄貴がビートたけしでドラマ化してたな
『兄弟 〜兄さん、お願いだから死んでくれ〜』
『たとえばぼくが死んだら』と親子だったというオチを言いたいんだろ

270 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:38:29.67 ID:3Z8puYz/0.net

>>243
森田童子は弟のつげ忠男の大ファンで、兄のつげ義春の方はついで程度なのに
まるでつげ義春がメインのように書いてるから文章がわからなくなってる

後半部の特攻帰りの父親と、つげ忠男の作品に対するシンパシーというのがポイントであとはおまけ

893 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 15:49:20.87 ID:T81BXbWY0.net

>>1
ドラマ主題歌ヒットでメディアが騒いだ時もミステリアスな人で終わってたしな
親が明らかな宇多田や沙也加が活躍してるの見て
やっぱり考えて静かな生き方の選択したのか裏でクギさされでもしてたか
本人は納得して幸せに生きたんだろうか

524 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 10:06:30.84 ID:RHzgIugx0.net

>>502
安西マリア失踪事件ググると、枕営業すすめた作詞家が登場してる

193 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:56:49.00 ID:vrKa5D0q0.net

山崎ハコは作られた暗さで森田童子は天然の暗さ

100 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 07:11:43.58 ID:niVnRBnq0.net

印象的なタイトルだけど石川達三のパクリだよね
題名のパクリはさだまさしがよくやってたが
石川達三も今は読めなくなったねえ

784 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 13:19:10.25 ID:aLD7hrd60.net

>>205は流石にわざとだから釣られないように

481 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:50:56.58 ID:rT2cS2X60.net

世代ではあるけど森田童子も山崎ハコも全く聴かなかったな

798 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 13:38:43.55 ID:Qi5l5tij0.net

>>793
アニメ脳じゃなくても散々義春のエピソードを語って結論は忠男の作品とのみ比較とか推敲の足りない文章なのは間違いないでしょう

261 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:35:08.73 ID:l7zUndcY0.net

普通に理解できる文章だけど
なにが難しいのかな?

457 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:44:29.74 ID:H3zh7SwU0.net

なかにし礼、いしだあゆみ、
森田童子……芸能一家やん

274 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:40:35.58 ID:Knrn++SY0.net

>>268
序盤に書いてあるやん
あ、3行以上あるかw

407 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:25:12.60 ID:GBuq82x10.net

なんだこの記事、誰がわたしなのかもさっぱりわからん
なかにしがわたしなのか編集者なのか

586 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 10:37:54.29 ID:3UwBHD5U0.net

にしなかにし

717 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 12:09:25.32 ID:x0htmdSD0.net

>>709
まあ森田童子の歌の内容知ってると
どういう家庭環境だったのだろうか?と思わないでもないね
そこに「弟」のあのエピソードがオーバーラップするとすこしだけ納得する

297 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:48:43.92 ID:eb0HUA/i0.net

>>19
頭悪そうw

489 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:54:01.43 ID:NQ2ezmaY0.net

>>53
いいからまとめブログに載せろよ

211 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 08:07:40.51 ID:lP00ST1v0.net

賢しらぶりたい奴って こういう文章書いて
こういう文章を俺は理解出来るぜ感を出す

抜け出せない厨二病

669 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 11:27:44.66 ID:kI6vvThn0.net

本屋の人は誰?
挨拶に来た人は誰?
つげ義春の話は省いて良くない?

858 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 15:05:08.14 ID:RACZRr0Z0.net

なかにしは松本隆ごときとは比べものにならぬ天才なのに・・・
昭和は遠くなりにけりだな

749 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 12:35:18.30 ID:cF+QAbSP0.net

>>40
意味やよみやすさより自分が使いたい/使い慣れた言葉を並べている感じだな
手癖で書いてる悪文
読む人のことはあまり考えていない

475 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 09:48:48.74 ID:43PZ19990.net

金田一シリーズの新作導入部分?

812 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 14:08:03.84 ID:9e+hUudc0.net

>>4
藤圭子の娘と聞いて色めき勃った俺だったが、あのファーストアルバムのジャケットでちぃさくなっちゃったのはイイ想い出

629 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 10:58:19.46 ID:UCTIPbyj0.net

>>619
当時は谷山浩子の方がずっとメジャー

978 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 18:27:29.49 ID:pgtrlGjC0.net

永遠にミステリスでいいのに正体をバラすな

677 :名無しさん@恐縮です:2022/01/02(日) 11:36:41.04 ID:/UTlfOM90.net

>>669
文房具屋は筆者である「わたし」
一緒に挨拶に来た人物には文中で触れていないが多分マネージャーの前田亜土?
つげ義春のくだりはここが森田童子との接点だから要るとしても
森田童子との共通点を見出した忠男を中心に書けばいいのにね